廃棄物埋め立てゼロ

現在、Essex Furukawaは8つの施設でこの取り組みを完了しており、全世界の全ての施設と下流の管理業務において、廃棄物のゼロ化を目指しています。この状態をグローバルに達成することで、材料の廃棄に起因する環境への影響を軽減し、廃棄物を有益な再利用によって価値ある資源に変えられます。

8

認定工場

Essex Furukawaのベースライン分析では、14工場中8工場が、埋め立て廃棄物ゼロの認定を受けています。

100%

3つの工場での転換率

セルビア、日本、ブラムシェの工場が100%埋め立て廃棄物ゼロの状態です。

96.7%

グローバル転換率

リサイクル、廃棄物エネルギーへの取り組み、廃水処理により、当社の埋立て廃棄物からの転換率は世界で96.7%に達しています。

2023年

廃棄物ゼロ目標

私たちの目標は、2023年末までにすべての工場で「埋め立て廃棄物ゼロ」を達成することです。

ビジョン2030サステナビリティレポート

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!