化学物質処理施設は、継続的なサプライチェーン問題を「粉砕」している

2022年8月31日

COVID-19を過去のものとし、「ニューノーマル」へと舵を切るるために世界が戦う中、多くの追加の課題が最前線に現れています。インディアナ州フォートウェインの化学物質処理施設のグループは、予想外の備蓄など、いくつかの問題に正面から取り組んでいます。これらの問題の解決には、創造的な解決策が必要とされていました。

備蓄とは、使用済みのスチールバレルの大量の在庫でした。そのバレルはこれまでも存在しており、その存在自体が問題だったわけではありません。そのバレルが問題となったきっかけは、従来は循環型経済による再利用の対象だったのに対し、供給会社がCOVIDの影響で、使用済み製品の再利用のための引き取りを止めたことです。

この問題に対し、Essex Furukawaのエネルギー技術エンジニアであるグレッグ・ボスクと、化学物質処理オペレーションマネージャーであるバネッサ・スコットが取り組みました。この2人のリーダーと彼女のチームは、それまでフェノール樹脂の改質に取り組んできました。彼らは、多くのエナメル製品における環境負荷の低減への取り組みから、バレルの余剰分をリサイクルする方法への模索に活動をシフトさせています。

 

ほとんどのものを粉砕してリサイクルできる産業用ベーラーを導入することで、倉庫の中で大きなスペースを占めているバレルという、深刻な問題に対する応急処置ができたと、ボスクは語ります。最初の計画は、単に粉砕し、リサイクルし、再生することでしたが、工場の現場では副次的な効果が見られたそうです。

「このソリューションは多くのレベルで優れています」と、彼は言います。「明らかにバレルをリサイクルして作業可能なスペースを追加するという意図した結果は、十分に達成されました。そして、人々はこの粉砕作業を行いたがっていることに気付きました」

「一部の人にとってはつまらない作業のように思えるかもしれません。しかし、他の多くの人は、ベーラーが動き出し力強くバレルを平らにする過程に、興奮するのです。それは楽しい作業であったため、強制ではなくより多くの賛同を生み出しました」

ボスクと、スコットによって率いられているチームは、改善につながる可能性のある非効率性を特定する方法を探し続けていると彼は言います。ボスクは、工場や倉庫のフロアを歩き回って、仕事をしている人々からアイデアを得ることがよくあります。彼は、文字通り訪れたあらゆる場所からアイデアを得たと言います。

「彼らは化学処理という仕事に夢中です」と、ボスクは述べています。「彼らはビジョン2030イニシアチブをリードしています。彼らは自分の施設に誇りを持っています。私たちの運営にも誇りを持っています。とても清潔で、よく管理された施設です。人々はそこでの自分の仕事を大切にしています。彼らは品質にこだわります」

循環型経済から再生型経済に移行するための解決策は、一時しのぎで理想的なものではないかもしれません。しかし、新しいプロセスには測定可能なプラスの影響があります。Essex Furukawaの持続可能性プロジェクトマネージャーであるオースティン・ロビンソン氏によると、影響を完全に測定することで、単純なソリューションのように見えるものを、大きな結果をもたらすものに引き上げることができます。

「大きな違いを生み出すために、画期的なアイデアが必要ない場合もあります」と、彼女は言います。「多くの場合、周囲を見渡し、改善や前向きな勢いを生み出す方法に気づくだけでなく、自信を持って発言できるようなサポート体制を整えることが大切です」

「このようなアイデアは、自分も参加しているという意識を、従業員が持たなければ、実現しないかもしれません。これは、当社の従業員だけでなく、工場内での彼らのリーダーシップについても多くを物語っています」

世界中の従業員は、持続可能性とEssex Furukawaのビジョン2030の目標を採用しています。私たちは最近、最初の年次持続可能性報告書を発表し、ビジョン2030に関連して発表された二酸化炭素削減目標も発表しました。このようなイニシアチブ、およびサポートビジョン2030で発表されるその他のイニシアチブにより、Essex Furukawaは次の10年に向かって進んでいきます。

会社概要 - Essex Furukawa Magnet Wire

Essex Furukawa Magnet Wireは、自動車、エネルギー、産業、商業・住宅分野の主要なOEM、ティアワンサプライヤー、業界最大手の多くに採用されているマグネットワイヤを提供する、世界的なリーディングカンパニーです。 アトランタを拠点とする同社は、いずれもマグネットワイヤ製品の開発とカスタムソリューションのリーディングカンパニーである、Essex Magnet Wireと古河電気工業株式会社が2020年に設立したグローバルな合弁会社です。 Essex Magnet Wireと古河電工の両社の強みを活かし、2世紀以上にわたる経験と知識を結集して、卓越した製造技術と優れたカスタマーサービスの提供とともに、技術革新を推し進めていきます。 essexfurukawa.com



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!