エネルギー

風力 補助発生器 住宅用発生器 変圧器 DCからACへの電力変換 発電所 柱上変圧器
風力

風力タービンのブレードが発生器コイル内の磁力線を回転させ、それが銅巻線から電流を誘導して発電します。

補助発生器

発生器に巻かれたマグネットワイヤは導体であり、その電子が変化する磁場にさらされると電流を生成するために移動します。

住宅用発生器

電気がマグネットワイヤを通ると、磁場が発生します。発生器のコイルは導体であり、変化する磁場にさらされると反応してワイヤに電流を生成します。

変圧器

マグネットワイヤを使用すると、2つの回路間の金属接続がなくても、変圧器内の磁場を通して電力を伝送することができます。

DCからACへの電力変換

電力変換は、電気エネルギーを別の形態に変化させます。電力変換器は通常は銅線で巻かれた電気機械装置です。

発電所

発電所の商用発生器の内部には、大量のマグネットワイヤが巻き付けられており、大きなマグネットの内部で非常に高速に回転し、発電をサポートします。

柱上変圧器

ハウジング内のコイルには、通常は半分ラップされたさまざまなサイズのマグネットワイヤが巻かれています。巻線は最大電圧が印加された状態で完全な短絡に耐えられるように設計されています。

Essex Furukawaは、数多くの種類の銅製・アルミニウム製マグネットワイヤプロダクトを提供しており、変化する世界のエネルギー需要に対応しています。製造と配送を一体化させてマグネットワイヤプロダクトを世界中に供給し、皆様の事業を一段階成長させます。

マグネットワイヤの最大手メーカーとして、弊社はエネルギーに関するあらゆる課題の解決をお手伝いします。現在、Essex Furukawaは三大陸、8か国にある製造施設を稼働しています。

新しいことを試してみませんか? ぜひEssexにご相談ください。

お客様の問題解決のお手伝いをさせてください。 

Essex Furukawaを選ぶべき理由

垂直統合:Essex Furukawaは垂直統合企業です。サプライチェーンの統合的な管理を行っており、あらゆるフェーズでイノベーションを柔軟に実現しています。Essex Furukawaと提携することにより、スケジュール遅延のリスクを回避しつつ、生産プロセス全体でプロダクトの効率性やパフォーマンスを向上できます。

Rich History in Magnet Wire: Since 1896, we have forged a path by meeting magnet wire and cable requirements for the automotive, industrial, commercial & residential, energy, and communications markets. Today we continue to expand our product portfolio globally, with new innovations and manufacturing throughout North America, Europe, Asia and Japan.

Global Footprint: With manufacturing warehousing, and sales facilities located in eight countries spanning North America, Europe, Asia and Japan, we are the supplier best positioned to deliver punctual, seamless global delivery and service.

Collaboration Opportunity: Partnering with Essex Furukawa and our MagForceX® Innovation Centers brings access to one of the world’s leading technical manufacturing teams. From metal rod production all the way through shaping and enameling, Essex Furukawa engineers advise and collaborate with customers at every step to develop the custom magnet wire needed for the high quality machines of tomorrow.

このページを共有するプラットフォームを下からクリックして下さい。このページを共有しました!