持続性

Essex Furukawaは、持続可能性と環境保全を重要視しています。環境に関する複数の指令や規制に対する当社の遵守がその取り組みを物語っています。化学物質の管理からリール回収プログラム、再利用可能なプラスチックパレットやマグネットワイヤのリサイクルまで、Essex­ Furukawaの従業員と工場は、持続可能な環境を維持するために日々さまざまな課題に取り組んでいます。

廃棄物埋め立てゼロ
説明責任、報告、ガバナンス
カーボン削減目標
国連 SDGsパートナーシップ
サプライチェーンの透明性
責任ある調達
循環型経済

概要

Essex Furukawaは、持続可能性と環境保全を重要視しています。環境に関する複数の指令や規制に対する当社の遵守がその取り組みを物語っています。化学物質の管理からリール回収プログラム、再利用可能なプラスチックパレットやマグネットワイヤのリサイクルまで、Essex­ Furukawaの従業員と工場は、持続可能な環境を維持するために日々さまざまな課題に取り組んでいます。

廃棄物埋め立てゼロ

現在、Essex Furukawaは8つの施設でこの取り組みを完了しており、全世界の全ての施設と下流の管理業務において、廃棄物のゼロ化を目指しています。この状態をグローバルに達成することで、材料の廃棄に起因する環境への影響を軽減し、廃棄物を有益な再利用によって価値ある資源に変えられます。

  • 続きを読む

  • 説明責任、報告、ガバナンス

    Essex Furukawaは、すべてのステークホルダーに向けて、企業の社会的責任に関する報告プロセスを確立しています。一貫したコミュニケーション活動により、社内外における透明性を確立できます。持続可能性リーダーシップ委員会を設立し、継続的な影響削減の追跡、企業としての持続可能性報告書の作成、社会的責任への取り組みを推進しています。

  • さらに詳しく

  • カーボン削減目標

    Essex Furukawaでは、温室効果ガスの排出量を削減するための明確な道筋を従業員やパートナー企業に示すために、炭素削減目標を設定しています。私たちの炭素削減目標とその進捗状況を伝えることで、バリューチェーンの上流から下流まで、さらなる行動を促せると信じています。

  • さらに詳しく

  • 国連 SDGsパートナーシップ

    Essex Furukawaは、親会社であるSuperior Essex社の持続可能性への取り組みを、国連の持続可能な開発目標に合わせて行っており、国連のSDG17項目のうち12項目にコミットしています。この連携により、私たちの組織は、他の団体と共通の目的や行動の機会を特定し、すべての人にとってより良い、より持続可能な未来の実現のために協力できます。

  • さらに詳しく

  • サプライチェーンの透明性

    Essex Furukawaは、上流と下流の両方のサプライチェーンの環境的・社会的影響を理解し、この知識を社内外に伝える責任があります。私たちのチームは、サプライチェーンをマッピングし、実践とパフォーマンスに関する情報を収集するとともに、潜在的なリスク、改善の機会、情報のギャップを調査しています。

  • さらに詳しく

  • 責任ある調達

    Essex Furukawaは、製造工程で使用する銅をはじめとした材料の責任ある調達に注力しています。このアプローチは、倫理的で、持続可能があり、社会的に配慮した方法で製品を調達することを積極的に意識したものです。現在、責任を持って素材を調達する方法を評価している段階であり、持続可能な選択肢を積極的に追求しています。

  • さらに詳しく

  • 循環型経済

    Essex Furukawaは、循環型経済、気候変動、生物多様性の損失、廃棄物、汚染などの地球規模の課題に取り組む経済システムとして捉えています。ビジョンに関する意識統一を図ることで、製品のライフサイクルを改善し、二酸化炭素削減目標に貢献し、お客様の価値観に合致したシステムを自然に構築できると考えています。

  • さらに詳しく

  • Image 01 Image 02 Image 02 Image 03 Image 04 Image 05 Image 06

    85%

    節水

    水を節約するために、メキシコのトレオン工場では、製造工程で使用する水の85%を中水で賄っています。

    83%

    責任を持って調達された銅

    現在、銅の83%を北米での銅マーク認定品として調達しています。

    8

    廃棄物ゼロ工場

    現在、私たちは、埋立て地への廃棄物ゼロの認証を受けた8つの工場を運営しています。すべての工場がこの認定を受けることを目指しています。

    1,500ドル

    社会的責任

    従業員が選択した組織への適格な寄付については、従業員1人あたり年間最大$ 1,500をマッチングします。

    ビジョン2030サステナビリティレポート

    Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!