世界最大の電気フェリーが処女航海を終了

2019年8月15日

E-フェリーエレンという名前の世界最大のオール電化のフェリーは、南部では、エアロとアルスの島で、SøbyとFynshavのポートを接続し、今朝早くその最初の商用旅行をしたデンマーク 。約30台の車両と200人の乗客を乗せることができるこの革新的な船は、世界有数のエネルギー貯蔵会社の1つであるLeclanchéSA(SIX:LECN)が提供する前例のない容量4.3MWhのバッテリーシステムを搭載しています。

デンマークの2つの島間の最初の定期フェリーサービスを祝うこのイベントに参加したのは、2つの市町村の各市長、アエロのOle Wej PetersenとSøndeborgの Erik Lauritzen です。 Eフェリーのエレンは、数週間以内に完全に稼働する予定です。 Eフェリーはデンマークのナチュラプロジェクトの一部であり、地元住民に環境に優しい輸送を提供することを目的としています。このプロジェクトは2015年に開始され、Horizon 2020およびイノベーションプログラムを通じて欧州連合によって資金提供されました。

LeclanchéのCEOであるAnil Srivastavaは次のように述べています。 「私たちは、このフェリーに特別に設計されたユニークなリチウムイオン電池システムを提供できることを非常に誇りに思っています。これは、商業海洋部門の新時代の先駆けです。 4.3MWhの容量を持つEフェリーは、商業用船舶推進の新たなマイルストーンとなります。 1年かけて、それはCOの2000トンを放出防止します 2 、NOXの42トン、微粒子およびSOの1.4トンの2.5トン 2 大気中に。このプロジェクトは、今日、化石燃料の熱ドライブをクリーンエネルギーに置き換えることができることを示しており、地域の幸福のための地球温暖化と汚染との戦いに貢献しています。」

Leclanchéが提供するバッテリーシステムは、バイセル積層設計やセラミックセパレーターなど、独自の安全機能を備えた高エネルギーG-NMCリチウムイオンセルを使用しています。 Leclanchéは、防火および消火システムを含むクラスタイプ認定および認定マリンラックシステム(MRS)を特別に設計および設計しています。プロジェクトは、DNV-GLタイプ承認証明書とDNV-GL製品証明書を受け取りました。スイスの会社は、独自のグラファイト/ NMC(ニッケル-マンガンコバルトリチウムリチウム)およびLTO(チタン酸リチウムリチウム)セルを開発および製造しています。並列で冗長なバッテリーおよびパワートレインシステムにより、E-フェリーは安全で信頼できる船になります。

E-フェリーは、比類のない運用効率を提供する独自の統合バッテリーおよび伝送システムで設計されています。

急速に成長しているeTransport Solutions事業では、Leclanchéはいくつかの主要な海運会社の選択のサプライヤであり、港のアプローチと停泊に関する新しい規制に準拠して、商船隊のより大きなハイブリッド化と電化への移行を加速しています。

ルクランシェ約
に本社を置くルクランシェSA、 スイス 、クリーンエネルギーの未来に向けた進捗状況を加速するために設計された高品質なエネルギー・ストレージ・ソリューションのリーディングプロバイダです。 Leclanchéの歴史と遺産は、100年以上にわたるバッテリーとエネルギー貯蔵の革新に根ざしており、同社は世界中のエネルギー貯蔵ソリューションの信頼できるプロバイダーです。これは、ドイツのエンジニアリング、精度、スイス品質の企業文化と組み合わされて、世界中のエネルギーの生産、流通、消費の方法における前向きな変化をもたらすトラブルメーカー、老舗企業、政府にとって最適なパートナーとなります。 。エネルギーの移行は、主に電力網の管理の変更と輸送の電化によって推進されており、これらの2つの最終市場は当社の戦略とビジネスモデルのバックボーンです。 Leclanchéは、輸送電化と流通ネットワークの進化の収束の中心にあります。 Leclanchéは、世界で唯一の定置型エネルギー貯蔵会社であり、3つのビジネスユニットに編成されています:固定貯蔵ソリューション、e-Transportソリューション、および専用バッテリーシステム。 Leclanchéはスイス証券取引所に上場しています(SIX:LECN)。



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!