トヨタ、スバルがEVプラットフォームを共同開発

2019年6月10日

大手自動車メーカーのトヨタとスバルは、両社がスバルの四輪駆動の専門知識とトヨタで行われているEVの進歩を組み合わせて、新しい電気自動車プラットフォームの作成に協力すると発表しました。


このプログラムは「e-TNGA」と題され、中型車、大型乗用車、および2025年までに販売される100万台を目標とするCセグメントクラスのSUVモデルの開発を目指します。企業は過去に協力して、2012年にトヨタ86とスバルBRZ、スバルが発売したクロストレックハイブリッドを開発しました。


「自動車産業は、1世紀に1度の深刻な変革期の真っ”中にあります」とトヨタプレスリリース読みました。 「自動車の接続性、自動運転または自動運転、新しいモビリティまたはカーシェアリング、電動パワートレインおよびコンポーネントの新しいCASEドメインへの対応から始めて、スバルとトヨタは、より広いスピードで技術開発を行う必要があります。イニシアチブのかつてない範囲。これまで深め、その共同の絆に構築することは、今日発表された契約は、特にCASEの「E」ドメイン、または電化パワートレインおよびコンポーネントに対応するための緊急の必要性に焦点を当てていることをコラボレーションの新しい領域を表します。」


プラットフォームは、配置するほとんどすべてのボディタイプの標準ベースを設定するように設計されているため、最小限の無駄または将来の開発コストで最大限の変更が可能になります。


レンダリングによると、車にはあらかじめ決められた固定点があり、他の点ではある程度の流動性があります。モーターとバッテリーマウントは、ホイールベース、フロントとリアのオーバーハンド、および車両全体の幅が変化する可能性がある間、一貫性を保ちます。また、モーターのサイズ調整も可能です。


プラットフォーム自体はテスラ3モデルとフォルクスワーゲンMEBで使用されているモデルを連想させるもので、床の車軸の間にバッテリーが配置されており、後輪駆動と4輪駆動に2つのモーターが使用できます。違いは、前輪駆動の機会があるように見えます。


「これらの市場の多様化するニーズと複数の課題に迅速に対応するには、スバルとトヨタの両方が、従来の範囲を超え、さまざまな種類のその他の事業体と産業の境界を越えるビジネスモデルを追求する必要があると考えていますトヨタの声明は続きました。 「この方向への最初のステップとして、各企業の強みを表す技術をまとめ、可能な場合は協力して製品化を加速させながら、両社は共同でBEV専用プラットフォームを開発します。」


さらに、トヨタは2020年までに日本で発売される3台の超小型車と3台の歩行エリアEVを発売すると発表しました。


この車には、短距離と使い道のために設計された2人用のコンパクト、黒いビジネスコンセプトモデル、および31マイルの最大航続距離を備えた「i-ROAD」が含まれます。


その歩行エリアEVは、2021年に登場するスタンドアップコンセプト、着席型オプション、車椅子リンクタイプになります。


詳細については、 トヨタおよびスバルの事業所をご覧ください。

エセックスソリューションをチェック電気自動車ハイブリッド 、及び他の帯電商用車



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!