ドイツ、バート・アーロルゼンで、Essex Furukawa Magnet Wire Europe施設の開所式開催

2017年11月8日

新たな投資は、次世代の自動車用電動パワートレインに利点と効率をもたらす革新的な製品である高電圧巻線の製造を主眼においています。

Essex Furukawa Magnet wire Europeは、ドイツのバート・アーロルゼンの既存施設をベースにした高電圧巻線製造施設が完成したことを発表いたします。

Essex Europeと古河電工双方の役員、お客様、そして地方自治体の出席のもと、11月8日に開業式が行われ、この専門的なワイヤ専用の新しい施設と新しい製造ラインが出席者に披露されました。

この革新的なワイヤは、押出樹脂でオーバーコーティングしたエナメル加工平角線をベースにしており、モーターを小型化して電気自動車の効率を向上させることができる優れた特性を自動車業界にもたらします。

自動車メーカーやティア1サプライヤーから過去数か月の間高い関心をいただいていましたが、この新しいワイヤに関する技術交換により、Essex Furukawa Magnet wireは、この新しいワイヤを将来の開発に組み込むために試験してみることができるサンプルをお客様に提供することができるようになりました。

Essex Group, Inc.について—Superior Essex Inc.社

Essexマグネットワイヤーは、ほとんどの主要な相手先ブランド供給(OEM)および自動車、エネルギー、および産業セクターの業界リーダーによって使用されているマグネットワイヤーの大手グローバルプロバイダーです。 Essex Magnet Wireは、3大陸の11か国に施設を持ち、グローバルに活動しながらローカルでサービスを提供する事業を運営しています。 90年の経験を持つEssex Magnet Wireは、製造プロセスに垂直統合されながら、顧客が要求するイノベーションを提供し、品質を確保し、世界中の配送センターからシームレスな配送サービスを提供します。エセックスMagForceX®イノベーションセンターは、将来への顧客の課題にカスタムソリューションを提供し、研究開発を通じてマグネットワイヤにおける技術の進歩を進めるれます。詳細については、https://essexfurukawa.comをご覧ください。

古河電気工業株式会社(Furukawa Electric Co., Ltd.)について
古河電工(TSE:5801)は、1884年に銅製錬施設とワイヤー製造工場が設立されたときに事業を開始しました。それ以来、古河電工はさまざまな技術的課題に取り組むことにより、最新技術の先駆者となっています。

古河電工は、通信、電子、自動車、建設などの多くの分野で製品をリリースしており、その中核となる3種類の材料、すなわち光学、プラスチック、金属を使用しています。これらの製品の多くは世界トップの市場シェアを獲得しており、その製品はすべて多くの事業分野で社会に貢献しています。古河電工は、2017年3月31日に終了した会計年度の連結収益8,433億円(約78億米ドル)を報告しました。古河電工の詳細については、furukawa.co.jp / enをご覧ください。



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!