マイクロモビリティ:次世代電化産業の爆発的成長

2019年10月30日

次世代の数十億ドルの価値を持つUberには、車輪が2つしかないかもしれません。Scootermaniaはマイクロモビリティのスタートアップ企業を、次々に数十億ドルの価値を持つユニコーン企業に変えています。この業界の持つ資本と顧客の収集能力は、他に類を見ないものです。なぜかというと、マイクロモビリティは、自動車や配車サービスと競合するほどの可能性を秘めているからです。また、公共交通機関の劣悪な現状に対する1つの答えとして、人々を目的地へ送り届ける新しい方法にもなり得ます。

本日の解説では以下の会社について触れています:バイドゥ株式会社 (NASDAQ: BIDU)、フォード・モーター・カンパニー(NYSE:F)、ゼネラル・モーターズ (NYSE:GM), ボーイング(NYSE:BA)、Niu Technologies(NASDAQ:NIU)。

これは革命的な話です。このため、投資家はこうしたビジネスに資金を注ぎ込もうとしています。2015年以来、超小型モビリティのスタートアップ企業には57億ドルを超える資本が投入されています。

スクーターのスタートアップ企業であるBirdは創業してまだ2年しか経っていませんが、既に27.5億ドルもの価値がついています。今月だけでも、2.75億ドルの追加資金がありました。2月には、giant Limeが3.1億ドルを追加し、その価値を24億ドルにまで押し上げました。

競合でひしめき合う分野ではありますが、都市交通に次なる革命をもたらすと確信し、資金を注ぎ込み続けているベンチャーキャピタリストをがっかりさせることはないでしょう。しかし、ほとんど無名のとあるスタートアップ企業が、こうしたカオスを秩序に変え、超小型モビリティ産業を変革しようとしています。この企業に、UberやLyftによって独占された数十億ドル規模のライドシェア市場を破壊する可能性があることは明白です。

初乗りのシート、しかもBluetooth機能付きの席を購入するなら、OJOが他に類を見ないスクーター企業です。

E-Scooter市場が次のフェーズに上がって数十億ドルの規模に成長した場合、OJOOJO.V、 AZNVFに注目する理由が5つあります。

#1 超小型モビリティブームの中でもとびきり最高の瞬間

モビリティ市場全体の価値は、現在7兆ドルにもなります。私たちは巨大化へのこだわりを捨てました。これから世界が注目するのは超小型モビリティです。グローバル規模で加熱している分野です。

超小型モビリティの世界市場は、2029年までに320億ドルに達すると期待されています。2050年には、世界人口の3分の2に普及する可能性があります。最大の問題は、人々と大規模な公共交通機関の間にあるファーストマイルとラストマイルです。

超小型モビリティが最終的な答えになります。これにより、公共交通機関に対するファーストマイルとラストマイルのソリューションの提供だけでなく、多くのパーソナルカーと配車サービスによる移動も効率的に入れ替わります。もちろん、OJO Electricもこのことをよく理解しています。

中国のみ、超小型モビリティによる仕事、教育、医療へのアクセシビリティがほぼ2倍になりました。

これにより、BAIDU(NASDAQ:BIDUなどのテクノロジーの巨人も参入するようになりました。2014年に話を戻すと、このインターネットの雄が、幅広い層に人気があるDuBikeと呼ばれる独自のスマートE-Bikeをリリースし、それ以来イノベーションが止まらなくなりました。

今では、自動運転車の市場すら席巻しています。北京のどんな競合企業よりも多くを稼いでいるので、数多くの投資家にとって容易な選択肢になっています。

Niu(NASDAQ: NIUは、超小型モビリティ市場に旋風を巻き起こしている、もう1つの中国企業です。同社は既に、中国国内で最も人気のある、新興の超小型モビリティ企業になっています。

2014年に設立されたNiuはあっという間に頭角を現し、都市モビリティソリューションにおける世界のトッププロバイダーとなり、こうした種類の車両の市場を本質的に創出しています。

ちょうど昨年にNASDAQへの上場を果たして以来、この分野におけるその他の超大型IPOの数案件よりも大幅に上回るパフォーマンスを示しており、鈍化の兆しは見えていません。

そして、今や、OJOOJO.V、AZNVFは、次なる大きなサクセスストーリーを模索しています。

#2 あらゆる抵抗がここで終わる

初期のE-Scooter参加企業は、あらゆるVCからの資金が投入され、巨額のバリュエーションが行われたにも関わらず、かなりの量の揺り戻しと成長の痛みを味わっています。遠くへは移動できない。混雑した場所で歩行者をいらいらさせる。都市では嫌われる。安全に感じられない、全然快適じゃない、などなど。

1つの座席で何十億ドルもの価値を生み出せるかどうかの違いはここにあります。ここから革新的なテクノロジーやエンジニアリングによって市の職員を最高のビジネスパートナーに変えることもできます。

OJO (OJO.V-AZNVF)が、BirdやLimeのようなハイパーバリュー企業の大いなる成長の痛みを引き受け、こうした企業をこの分野で最大のポテンシャルに変えたのです。これらの企業は、安全性、持続性、距離、快適性の面で、この市場で最大のプレイヤーを打ち負かす準備が整っているように見えます。

OJOは既に、米国内のバイク運転者や都市のドッキングステーションと提携しています。市の職員と直接連携してカオスを秩序に変えようとしています。

スクーターの数少ない企業の1つであるOJOのイノベーターは、音声アラート付きのBluetoothスピーカーと、スクールゾーンやキャンパスに入ったら自動的にスクーターの速度を緩める機能を追加しました。秩序対カオスということになると、都市ではこのようなものが最も好まれます。

これは、安全面から好ましい組み合わせです。これなら市も間違いなく参加します。

#3 UberとLyftを破壊し得るスクーター

UberとLyftは心配すべきです。UberやLyftの平均乗車距離は8~24kmです。

それだと、どうなるでしょう?OJOOJO.V、AZNVFは、ちょい乗り用の単なるスクーターではありません。16~24kmを走行することも可能です。シートの快適さと電力のハイパーチャージのおかげで、それは恐らく利点のほんの一部に過ぎなくなるでしょう。

平均的なスクーターを凌駕し、UberやLyftさえも脅かします。スクーターの平均乗車距離は約1kmです。OJOの平均はほぼ3.2kmです。16~24kmの上限の層では、競合できるスクーターはありません。この分野はこれから開拓されていくでしょう。

現時点でOJOはスクーター1台あたり1日約15ドルを見込んでいます。現時点では200台が走行できる状態ですが、急速な普及が進んでおり、第4四半期の収益は増加する見込みです。

11月には導入台数が合計1,250台に増え、OJOでは年末には2,500台のスクーターが導入されると予想しています。これは、ほぼ1,400万ドルの収益ランレートに相当します。

来年にはさらに新しい2020年モデルが登場し、最大15,000台を送り出す計画です。これは、8,000万ドルの収益ランレートに相当します

同社は600万ドルの増収を達成したら、そのことを公表する予定です。こうした増収は、2,500台のスクーターを製造/導入することで達成されます。ここで、ベンチャーキャピタリストが最も好むことは何でしょうか?経済の差別化です。お話しした通り、この分野には、あらゆる問題があるにも関わらず、既に大量の資金が投下されています。

BirdとLimeは、移動が早すぎるとか、VCの資金を顧みずに暴走しているなどと批判されています。OJOは周到です。拡大し、回収して、長期間持続するモデルを編み出しています。

#4 OJOの裏に秘められたパワー

道路に大量のスクーターを投入して、何が起こるかを予測するだけでは持続可能とは言えません。OJO(OJO.V、AZNVF)では、競争が失敗して悪い方向に行き着く先を観察して決断を下してきました。OJOは、幅広い分野で成功した発明家、設計者、消費者製品の起業家のグループによって設立された、デザインファーストの企業なのです。

OJOにはドン・ラトナ―取締役がいます。同氏は、有名なおもちゃで10億ドルを生み出し、製品をライセンス化して、Disney任天堂からCoca-ColaMarsまでのあらゆる企業や人に販売していました。OJOは、創造的破壊者を破壊することを目指しており、それを実行するだけの規律があります。同社では、BirdやLimeの支援によって生まれたスクーターキャンペーン合戦のカオスに資本を投下する準備ができています。こうした経営管理には、CEO兼取締役のマックス・スミスも参加しています。同氏は、World Color Press、LinkShare、Blip、GartnerのTech Republic、JASHなど、8つの重要なイグジットを経て、資本の引き上げやビジネスの成長促進に成功しました。

同社は、Lithium X EnergyやLionsgate Entertainmentなどで成功している優れたマーチャントバンキンググループであるFiore Groupと提携したことを今期に公表し、急成長する超小型モビリティ部門とつながるための専用製品によりエクイティ市場のギャップを埋めようとしています。

#5 大きな上昇のポテンシャル

モビリティ市場は絶えず進化を続けているので、General Motors、Ford、Boeingなどの巨大企業さえも巻き込まれています。

General Motors(NYSE: GMでは、Arivと呼ばれる独自ブランドの電動自転車を開発しました。この自転車は、今年リリースされたばかりですが、既に欧州市場の注目を集めています。1台当たり3,800ドルと高価格帯で発売されますが、トップスピードが自慢で、1回の充電でそれなりの距離を移動できます。そして、多くの人が見落としがちなのは、簡単に運搬できるように折りたたむことができるため、多くの通勤者に適している点です。特に、ロンドンベルリンのような大都市では最適です。

Ford(NYSE: Fは別なアプローチを取っています。突如としてスクーター市場に参入し、1億ドルでSpinを買収しました。2017年にサンフランシスコで初めて営業を開始したSpinは、LimeとBirdに並ぶ、スクーター分野のビッグ3の一角と広く考えられていました。FordによるSpinの買収 はトップニュースになりましたが、Fordが真剣に取り組んだのが、都市交通における最初の代替手段だったわけではありません。

Boeing(NYSE: BAは、文字通り、次のレベルへのステップアップを模索しています。最近では、自動飛行タクシーの開発のためにPorscheとの取引に署名しました。両社がそれぞれの分野のリーダー企業であることから、これは有意義なことと言えるでしょう。過去にも飛行タクシーが考案されたこともありますが、PorscheやBoeingが実現しようとしているようなマーケットプレゼンス – あるいはエクスペリエンス – を獲得した企業はありません。

まだ初期段階にありますが、BoeingとPorscheは、マーケットを特定し、ユースケースを定義して、こうした新しい市場のロイヤリティとして自社の地位を確立する製品を開発しようとしています。

OJOは、こうした大企業と直接戦うことになります。それは、大いに有望であるということでもあります。2年前にBirdとLimeがいた場所に、今はOJOがいるのです。同社は、既にオースティンダラスに展開して、ニュージャージー州ホーボーケンではパイロットテストを完了させています。OJOは、今週テネシー州メンフィスに展開し、サン・アントニオポートランド、ワシントンDC、ナッシュビルアトランタシアトルなどとも協議を進めています。

Birdの翼はやや動きが鈍っています。27.5億ドルへのバリュエーション達成に歯止めがかかっているわけではないものの、上昇余地もありません。

OJO OJO.V、AZNVFは、あらゆる点で上位の鳥類と言えるでしょう。あなたが数ヶ月以内にこの分野でユニコーン企業になるスタートアップ企業に投資をするとしたら、すべての要件を満たすスクーター企業から計り知れない利点が得られます。

今年の年末には、スクーターの導入は、現在の10倍の規模になるかもしれません。貪欲なベンチャーキャピタルは既に、こうした上値の大きな一山を掴み取っている可能性があります。2020年に全米で15,000台という目標を達成した場合、こうした利点は完全になくなってしまうかもしれません。

これは、TeslaがVespaと会談を行い、ランチにRazorを食べた場所です。記録的なスピードでどんどんユニコーン企業が輩出される分野では、桁違いに革新的な製品を生み出したスタートアップ企業が、ユニコーンというステータスの上昇速度をさらに加速させます。



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!