メルセデス、VWが長距離EVを発表

2019年5月15日

フォルクスワーゲンとメルセデスベンツの両方が新しいバッテリー電気自動車の注文を取り始めたため、2つの巨大なブランドが長距離EV市場に足を踏み入れました。

ドイツに本拠を置く2社は、それぞれ輸送の電化への投資を増やしています。メルセデスEQCは、本質的に、充電あたり270マイルで販売されるGLCクロスオーバーの電動バージョンです。フォルクスワーゲンはID.3でこのスペースに入ります。ID.3には、200マイル、260マイル、340マイルのさまざまな充電範囲を可能にする3つのバッテリーオプションがあります。

「メルセデス・ベンツEQCにより、私たちはモビリティの新しい時代に入りつつあります」とメルセデス・ベンツを担当するダイムラーの取締役会のメンバーであるブリッタ・シーガーは、 CNBC.com に語りました。 「メルセデス・ベンツの成長中の全電気自動車ファミリーの一部であり、品質、安全性、快適性などのブランドを定義する機能を組み合わせています。」

EQCは、ニューヨーク国際オートショーで初めてデビューしました。これにはEQCエディション1886が搭載されており、402馬力、564フィートポンドのトルク、充電あたり292マイルが特徴です。そのウェブサイトには、米国のバイヤー向けの販売価格が記載されていません 。2020年初頭に入手可能になる予定です。

一方、フォルクスワーゲンは、ID.3の34,000ドルのエントリポイントで市場をテストする予定です。その価格では、最初の24時間以内にヨーロッパで10,000件の注文が出されました。

フォルクスワーゲンの幹部によると、3月に行われたプレゼンテーションで、世界トップの自動車メーカーにとっては出発点に過ぎません。

「私たちは、フォルクスワーゲンを業界の他の企業とは異なり、e-モビリティと連携させています」と彼らは当時述べました。

VolkswagenのCEOであるHerbert Diess氏は、テネシー州のチャタヌーガにある工場を拡張するために8億ドル以上を費やし、別の全電気モデルの中心になり、1,000人以上の雇用を創出すると述べました。

フォルクスワーゲンと同様に、ダイムラーは全体的な生産ラインを拡大します。

「2022年末までに10台の純粋な電気自動車を発売し、スマート[車]から大きなSUVや大きなセダンまで、ポートフォリオ全体をカバーする予定です」と、同社の役員であるWilko Stark氏は述べています。パリモーターショーで。

ジャガー・ランドローバーとシボレーがゆっくりと長距離技術を開発し、生産の発表がすぐに予想されるため、より多くの自動車メーカーが非常に近い将来に争いに参加することが予想されます。

いずれかの製品の詳細については、 Mercedes-Benz.com または VW.com ご覧ください。

エセックスソリューションをチェック電気自動車ハイブリッド 、及び他の帯電商用車



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!