Essexと古河電工によるグローバルベンチャー、輸送産業の電化に注力

2019年10月7日

ジョージア州アトランタ(2019年10月7日)— エセックスマグネットワイヤ(「エセックス」)、および古河電気工業(「フルカワ」)は、どちらもマグネットワイヤ製品開発およびカスタムソリューションのリーダーであり、両社の取締役会は、新しいグローバル合弁会社の枠組みを承認しました。

この合弁会社は、欧州の2つの事業体間の以前のマグネットワイヤパートナーシップを拡大し、輸送業界の電化に固有のイノベーションの開発に焦点を合わせます。正式な契約ならびに慣例的な規制およびその他の承認の実行に応じて、企業は今後数か月にわたってマグネットワイヤ事業を統合し、グローバルマーケットリーダーを創出します。合併した会社は、Essex Furukawa Magnet Wire, LLCとして「Essex Furukawa」ブランドを使用して操業します。

エセックスは現在、自動車業界向けのマグネット/巻線の最大のメーカーであり、300社以上のグローバルパートナーがいます。エナメルと同様に金属加工に垂直に統合され、世界中の世界クラスのエンジニアリング専門家の複数のチームを維持しています。 Essex Furukawaを形成するために、これらのブランドは、古河電工の技術的専門知識と製品開発を追加して、自動車産業の未来を前進させます。

「今日はエセックス・フルカワとの取引の発表のためだけでなく、多くの主要企業にサービスを提供できるマグネットワイヤ産業における技術的大国の創設を記念するエキサイティングな日です」とブライアン・キム、CEO優れたエセックスの。 「単一の企業として、製造の卓越性、技術の進歩、優れた顧客サービスの提供に注力しながら、2世紀以上の経験と知識を組み合わせてイノベーションの境界を押し広げることができます。

「自動車業界での私たちの地位を前進させることに直ちに焦点が置かれています。最近のブレークスルー、つまりHVWWと EnduroTemp 260+ により、私たちは大きな成功を収めることができました。」

新しいグローバル合弁会社は技術の進歩をリードすることができます。北米、ヨーロッパ、およびアジアで市場をリードする立場にあります。戦略的な顧客パートナーシップを可能にし、研究開発の進歩を促進します。この新しいベンチャーは、カスタム製品ソリューションの拡大、ベストプラクティスの共有、出荷ポイントの追加、グローバルセールスおよびテクニカルチームの拡大、グローバルロッド&ファウンドリリソースの増加により、顧客により良いサービスを提供する能力など、大きな相乗効果の恩恵を受けることが期待されています、特にために、グローバル・イノベーション・チームを多様化 EV / HEV 開発。

Essex Furukawaには8ヶ国に17の拠点があり、約2,100人の従業員が働いています。

 

Superior Essexについて

Superior Essexは、Essex Magnet Wire、Superior Essex Communications、およびEssex Brownellの親ブランドです。 3大陸の11か国に3,000人以上の従業員がいます。 Superior Essexは、マグネットワイヤの世界的なリーディングプロバイダーであり、通信ファイバーアプリケーションおよびPower over Ethernet(PoE)テクノロジーの最前線にいます。これは、自動車、エネルギー、および産業部門の電化における破壊的な技術的進歩の創出に役立ちます。 Superior Essexは、スマートビルディングテクノロジーの先駆者でありながら、持続可能性の実現にも取り組んでいます。優れたエセックスは、どこにいてもあなたが住み、仕事をする®。追加情報は、 http://superioressex.comで入手できます

古河電気工業株式会社(Furukawa Electric Co., Ltd.)について

古河電工(東証: 5801、ISIN: JP3827200001)グループは1884年の創業と同時に、銅製錬施設とワイヤ製造工場を設立しました。以来、多様な技術的問題を解決することで最新テクノロジーのパイオニアとなっています。古河電工は、通信、エレクトロニクスなどの数多くの分野でさまざまな製品をリリースしています。

中核として取り扱っている3種類の材料、すなわち光学、プラスチック、金属を使用した自動車と建設。これらの製品の多くでグローバル市場のトップのシェアを達成し、すべての製品がさまざまなビジネス分野の共同体に貢献してきました。

 

メディアに関するお問い合わせ:

コーポレートマーケティングディレクター、ドリューカール

[メール保護]

 



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!