Essex Furukawaは、ビジョン2030をサポートする総合的な持続可能性アプローチを発表

2021年8月26日

Essex Furukawaとそのビジョン2030プログラムは、持続可能な未来を実現するための包括的アプローチをさらに明確にし、成功を測り、組織内の改善の機会を特定するための、具体的で測定可能なアクションアイテムを作成する7枚の項目を含んでいます。

7枚の項目には、「廃棄物のゼロ化」「循環型経済」「責任ある調達」「サプライチェーンの透明性」「国連の持続可能な開発目標(UN SDG)パートナーシップ」「炭素削減目標」「説明責任、報告責任、ガバナンスの実現」などが含まれています。

この7枚の項目の詳細や、ビジョン2030を支える持続可能性への取り組みについては、持続可能性のページをご覧ください。

Essex Furukawaは、企業として、持続可能性と環境保全を重要視しています。環境に関する複数の指令や規制に対する当社の遵守がその取り組みを物語っています。化学物質の管理からリール回収プログラム、再利用可能なプラスチックパレットやマグネットワイヤのリサイクルまで、Essex Furukawaの従業員と施設は、持続可能な環境を維持するために日々様々な課題に取り組んでいます。

CEOのBrian Kim氏は、ビジョン2030を発表して以来、飛躍的な進歩を遂げたと語っています。さらに、将来に向けて計画されている総合的アプローチを強調するためには、さらなる明確化が必要だと述べました。

「ビジョン2030プログラムを発表したとき、次世代のための持続可能な未来の創造に最優先で取り組むことを明確にしました」とキム氏は述べています。「ビジョン2030を活用して、意思決定、パートナーの選定、投資戦略の策定に取り組む中で、私たちの行動の指針となるものをさらに明確にすることが重要でした」

「このような包括的なアプローチはすべて、社内での取り組みを測定したり、社外での説明責任を果たしたりするために利用できると信じています」

ビジョン2030は、Essex Furukawaの全従業員が、意思決定、優先順位付け、そして未来に向けてどのように行動すべきかを考える上で役立つものであり、日常のワークフローの一部であるべきだという包括的なメッセージを、Kim氏は社内全体に向けて発表しています。

これは、言葉だけではないということを、持続可能性コミュニティに伝えるものです。

持続可能性プロジェクトマネージャーのAustin Robinson氏は語ります。「一貫したメッセージと継続的な強化によって、ビジョン2030プログラム成功実現への積極性を裏付けています。透明性と説明責任を重視することは当初から明確にされており、業界において持続可能性を牽引するという目標を裏付けています。このアプロアプローチにより、空想が現実へと導かれます。」

Essex Furukawaは、2021年8月にビジョン2030を発表して以来、各マグネットワイヤ工場のベースライン評価、廃棄物ゼロ目標、エネルギー削減目標、再生可能エネルギー目標などを策定してきました。Copper Mark社と提携し、責任を持って調達された銅を確保しています。企業レベルでは、国連の持続可能な開発目標における具体的な17項目のうち12項目の実現を約束しています。トレオン工場では、革新的な雑排水の利用により水の消費量を削減したニュースを紹介しています。また、製造の生産性を向上させるため、Sight Machine技術の使用を開始しました。

Kim氏は、初期段階での積極的な推進により、「来るべき世代のために持続可能な未来を創造する」というビジョン2030プログラム全体の実行の成功を確信していると締めくくりました。

Essex Furukawaについて

Essex Furukawa Magnet Wireは、自動車、エネルギー、産業、商業・住宅分野の主要なOEM、ティアワンサプライヤー、業界最大手の多くに採用されているマグネットワイヤを提供する、世界的なリーディングカンパニーです。アトランタを拠点とする同社は、いずれもマグネットワイヤ製品の開発とカスタムソリューションのリーディングカンパニーである、Essex Magnet Wireと古河電気工業株式会社が2020年に設立したグローバルな合弁会社です。Essex Magnet Wireと古河電工の両社の強みを活かし、2世紀以上にわたる経験と知識を結集して、卓越した製造技術と優れたカスタマーサービスの提供とともに、技術革新を推し進めていきます。 www.essexfurukawa.com

 



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!