トレオン工場、雑排水の使用により資源への影響を軽減しビジョン2030 を推進

2021 年 5 月 27 日

持続可能性に関して一人の人間が世界を変えられると信じていないのであれば、Nitzia Mendozaの話をご存じないのでしょう。Essex Furukawaのグリーン生産の目標に寄与する彼の考えは、ビジョン2030がマグネットワイヤの未来を形作り、国連の持続可能な開発目標に足並みを揃えているということを示すほんの一例です。

現在はトレオン (メキシコ) 工場のエンジニアリングマネージャーを務めるMendozaは、プロセスエンジニアであった当時、工場内で工業用に「雑排水」を使用するというアイデアを思いつきました。

雑排水は、風呂、流し、洗濯機、などの設備からの比較的きれいな廃水と定義されています。雑排水には、生活排水ほど病原菌が含まれていません。一般に、製造プロセスなどの非飲用用途では、取り扱いが安全で、処理および再利用が容易とされます。

トレオンは半砂漠地帯にあり、常に水道水が不足しています。市政府は、産業の産業用途よりも人口の飲料水を優先しています。そのため、都市の断水が頻繁に発生します。また、事業者にとっては、高価な飲料水のコストがかかることになります。

Mendozaのおかげで、工場はより良い水の利用方法を導入するために代替の水源を調査することを決定しました。工場は当初、浄水 (雑排水よりも 1 レベル精製された水) の使用を検討していましたが、最終的に、コスト削減および未来への業務持続性に基づいて雑排水により水量が拡大可能であることを見出しました。

雑排水再利用は、新鮮な飲料水の需要削減と、輸送および処理する必要のある廃水の量削減により、それぞれ給水システムおよび給水サブシステムの両方に大きな利益をもたらします。

「これは完全にユニークな取り組みでした。トレオン地域、延いてはメキシコ全体で、産業用途に雑排水を再利用することを考えている企業は他にありませんでした」と、Essex Furukawaのプラントマネージャー、Antonio Padillaは語ります。「現在、他の企業が同様の技術を使用していることは知っていますが、私たちがこの件に関してパイオニアであることは間違いありません。」

この取り組みは砂漠に近い状況での節水にとどまりません。コスト削減を評価した結果、このアイデアを実施したことで、工場が 30%のコスト削減を実現し、1 日あたり約 150 立方メートル (1 日あたり 39,625 ガロン) の水使用量を削減することができたことが確認されました。

国連の報告によると、2025 年までに 27 億人が水不足の影響を受けます。すなわち世界の3人に1人がこの問題に曝されます。トレオンやメキシコのその他の地域ではより深刻です。

「ご存知のように、水は非常に重要な天然資源になりつつあり、世界の一部の地域では不足し始めています」とPadilla氏は語ります。「このプロジェクトの功績は全て、この素晴らしい取り組みを実現した Nitzia 与えられます。」

天然資源の使用量削減は、Essex Furukawaの長期目標です。トレオン工場は、この節水で業界を牽引しています。

その功績はNitzia Mendozaという一人の個人がもたらしたものなのです。



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!