無人航空機配送オプションが実現。バージニア州で試験中

2019年10月25日

私たちの日常生活におけるGoogleの勢力圏は空にまで及びつつあります。少なくともクリスティアンバーグの住人にとってはこれが当てはまります。バージニア州クリスティアンバーグは、国内でドローン配送を試験中の最初の町になりました。

Googleの親会社が運営する航空機Wingは、ホバリングし、小さな町まで飛行して、FedExの小包を配送するのに成功しました。近い将来、配送プロセスを早めると言った多くの運送会社による約束が果たされたことになります。これはまた、連邦航空局(FAA)が米国の空域ルールと離着陸許可のいくつかを妥協したからこそ可能だったのです。

「ドローンについて話すべきことはたくさんあります。現在、私たちは実際にドローンを使っています。実際にEコマースの注文をユーザーの玄関前の階段まで配送しているのです」とThe Washington Post紙に語ったのは、FedEx取締役のリチャード・W・スミスです。「これはベーパーウェアではありません。現実なのです。本日はここにお持ちしました」

FAAによると、Wingの離着陸許可はまだ試験段階にあります。FAAのルールや規制の多くは、飛行機とヘリコプターを対象として定められています。ドローンの定義に関するこうした妥協は、開発されているドローンのサイズが原因で、まだ十分には行われていません。

空域にドローンを増やす可能性―例えば、進行中のエアタクシーサービスなど―は、国際定期航空操縦士協会連合会(Air Line Pilots Association International)などからの激しい抵抗にあっています。同グループは、Wingのようなプロジェクトでは、現在の空域で守られている安全性のレベルが損なわれるとして、FAAによる免除を取り消すよう戦っています。

こうした反対の対極にいるのは、Association for Unmanned Vehicle Systems Internationalのスポークスマンを務めるトム・マクマホンです。思考プロセスを停止すれば進歩もイノベーションも踏みにじられる、とマクマホン氏は言います。

「私たちが今までテクノロジーと共に見てきたものとは別物なのです」とThe Washington Post紙に語りました。「本サービスの運用が開始されるまで、私たちは提示されたものを評価するつもりはありません」

ドローンは、自転車のヘルメットの保護層に使われているものと同じ発泡樹脂でできていて、ヘリコプターのようなローター12個と2つの翼に取り付けられたプロペラで動作します。近くのバージニア工科大学との提携により「巣」から操作されています。

Wingのパイロットは、荷物を安全に配送できるように、最大5台までの自律型航空機を監視できます。ドローンは、半径6.5km以内に時速104kmで1.4kgの荷物を運ぶことができます。

現在、Wingでは、配送に手数料を課さず、他の主要な企業とパートナーを組んで配送スピードや顧客の利便性を高めることでビジネスを拡大していくことを計画しています。陸運型の配送トラックによる出荷よりも安い代替手段を提供することによって、中小企業を支援することもできます。

クリスティアンバーグのWingプロジェクトに関する詳細をお読みいただく場合はこちらをクリックしてください。

 



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!