Essex Furukawa Affirms Commitment to The Copper Mark Assurance Process

2022年6月13日

ジョージア州アトランタ - 世界最大の磁石/巻線メーカーであるEssex Furukawa Magnet Wireは、銅マーク準加工業者プログラムへの参加表明を継続し、銅マーク保証プロセスを開始しました。

銅マークは、銅産業のための唯一の包括的な社会的および環境的保証プログラムです。Essex Furukawaは、このパイロットプログラムへの早期の参加を約束する準加工業者として最初の製造業者でした。このパートナーシップは、Essex Furukawaとそのビジョン2030を整合させるものです。また、説明責任や報告、ガバナンス目標、全体的な持続可能性プログラムにおけるサプライチェーンとしての透明性目標を実現します。

Essex Furukawaは、ビジョン2030の取り組みとして銅マークに参加できることを誇りに思っています。

 

Essex Furukawaのサステナビリティ・プロジェクト・マネージャーであるオースティン・ロビンソンは、このプログラムを続けることは非常に簡単な選択だと語りました。

「銅マークの使命がすべてを表しています」と、彼女は述べています。「『銅マークに参加する銅生産者は、独立した第三者評価を通じて責任ある生産慣行を実現することを約束します』そしてこれらの評価と透明性は、私たちがEssex Furukawaとビジョン2030でやろうとしていることの一部であり、全体です」

「私たちは、銅マークが示す、責任ある生産基準に準拠した方針と慣行の実施を書面で表明しました。私たちは業界においてリーダーシップを発揮しますが、他の企業も後に続いてくれることを強く望んでいます」

Essex Furukawaは、「銅マーク」に関して2021年10月から2022年3月にかけて実施された自己評価である第1段階を完了しました。第2段階である保証プロセスに移行するにあたり、銅マークはEssex Furukawaをはじめとする参加者が5つの重要な側面を達成することを目指します。コミットメントの拡大により、Essex Furukawaは、4つの追加的な測定可能ステータスに署名しており、これは次の内容を含みます。

•この誓約書に署名してから24か月以内にすべての銅マーク基準を満たす。
•銅マーク保証プロセスへの参加を通じて、銅マーク基準への適合を証明する。
•担当者に適切なレベルのサポートとリソースを提供し、提供する銅マークを調整する。
•銅マーク保証プロセスで規定されているように、銅マークおよび一般市民と情報を共有する。

それはロビンソンが信じているプロセスです。

「銅マークとの関係を拡大することは、持続可能な未来を創造するという私たちの支持と信念を示し続けています」と、彼女は言います。「尊敬される第三者との取り組みを検証するために、私たちはあらゆる機会を検討します。私たちと一緒に働いてくれる銅マークのようなパートナーがいることで、誰もが一つひとつのステップを管理しやすくなるのです」

Essex Furukawaについて

Essex Furukawa Magnet Wireは、自動車、エネルギー、産業、商業・住宅分野の主要なOEM、ティアワンサプライヤー、業界最大手の多くに採用されているマグネットワイヤを提供する、世界的なリーディングカンパニーです。アトランタを拠点とする同社は、いずれもマグネットワイヤ製品の開発とカスタムソリューションのリーディングカンパニーである、Essex Magnet Wireと古河電気工業株式会社が2020年に設立したグローバルな合弁会社です。Essex Magnet Wireと古河電工の両社の強みを活かし、2世紀以上にわたる経験と知識を結集して、卓越した製造技術と優れたカスタマーサービスの提供とともに、技術革新を推し進めていきます。 essexfurukawa.com

Copper Markについて

銅マークは、銅業界が責任ある生産慣行と国連SDGsへの貢献を示すのに利用可能な認証枠組みです。銅マークは、責任ある鉱物調達への取り組み(Responsible Minerals Initiative、RMI)のリスク準備評価を使用して、責任ある銅の生産に関連する32の環境や、社会、ガバナンスの課題に対処する包括的なシステムを提供します。銅マークは当初、国際銅協会(ICA)によって設立および資金提供されましたが、英国に本社を置く独立した法人組織としてなっています。詳細については、coppermark.orgをご覧ください。



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!