BMWとジャガーランドローバーが電気駆動開発で合弁事業を発表

2019年6月26日

BMWグループとジャガーランドローバーが電化合弁会社を発表したため、自動車業界の2つの巨人が未来の技術を前進させるために提携しています。

2人は知識とリソースを共有して、自動運転、接続性、電化、サービス(ACES)の技術的課題を前進させ、解決します。ジャガーランドローバーがプラグインエクスペリエンスをさらに推進している間、BMWはほぼ10年に及ぶ電動化の経験を誇っています。

BMW AGの取締役会のメンバーであるクラウス・フレーリッヒは、プレスリリースで、2つのブランドが生産計画の共同サービスと共同購入による節約に歩調を合わせると述べました。

「自動車産業は急激な変化を遂げています。共同開発は、電化の分野でも成功の鍵だと考えています」とフレーリッヒはリリースで述べています。 「ジャガーランドローバーのおかげで、次世代の電気駆動装置の要件が当社の要件と大幅に一致するパートナーが見つかりました。開発時間を短縮し、車両と最新技術をより迅速に市場に投入することにより、お客様のニーズにより効果的に応える機会があります。」

両ブランドはミュンヘンで合同チームを運営し、両メーカーに利益をもたらすドライブトレイン向けに設計された第5世代パワーユニットの開発を任されます。リリースでは、それぞれがプロセス中にブランド固有の提案を順守しようとすると述べています。

発表があることと同様のベンチャーのかかとに来てトヨタとスバルに従事しています。

このベンチャーは「e-TNGA」と呼ばれ、中型車、大型乗用車、およびCセグメントクラスのSUVモデルの開発を対象に設計されました。

また、BMWは、eモビリティと電動化された燃料電池パワートレインに焦点を合わせながら、燃焼エンジンの近代化を試み続けると発表しました。

エセックスソリューションをチェック電気自動車ハイブリッド 、及び他の帯電商用車



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!