リサーチ:48VフルハイブリッドEVが登場

2019年8月21日

新しいヒュンダイ・ツーソンでは、時速30キロ未満で惰行運転またはブレーキをかけた時にエンジンが停止するようになっています。これは、以前にIDTechExが予想していた48Vフルハイブリッドへの架け橋となるものです。IDTechExは、いずれはこうなると正確に予想していました。さらに、車だけではないとも。そのため、新しいIDTechExレポートのタイトルは「48V Mild Hybrid and 48V Full Hybrid Vehicles 2020-2030(48Vマイルドハイブリッド・48Vフルハイブリッド車の世界市場:2020-2030年)」となっています。

48Vマイルドハイブリッド車は、小型の経済的なモデルから2020フェラーリモデルまで多種多様に登場しています。今後も、さらに48VピックアップトラックやSUVが登場する予定です。こうした車両は優れており、簡単に既存の設計に適合させて、厳しくなっている排気ガス規制に準拠できることが証明されています。さらに、燃費の面でも大幅に向上しますが、それだけではありません。

業界の一部で以前から予想されていたよりも早く、48Vフルハイブリッドモデルの車、バス、トラックが完成しつつあります。これは、コストが現在発売されている高電圧モデルの数分の1ですみます。つまり、パワートレインで純粋な電気駆動、エンジン停止、発車、渋滞での徐行、アクティブな惰性走行、静音駐車を実現できるということです。

レポートで報告されているように、今日のフルハイブリッドは2つの方向から強い圧力を受けています。エンジン優位のパラレルハイブリッドやシリーズパラレルハイブリッドは、より静音で低コストの48Vフルハイブリッドに勝てません。このレポートのみが、全体像をとらえています。一方、48Vマイルドハイブリッド車は、48Vマイルドハイブリッドトラック/バスへのつなぎ役となっています。既知の事柄から予測する方法はもはやうまく行きません。新たなカテゴリが現れているのです。

IDTechExの新しいレポート「48V Mild Hybrid and 48V Full Hybrid Vehicles 2020-2030(48Vマイルドハイブリッド・48Vフルハイブリッド車の世界市場:2020-2030年)」では、まだあまり知られていない、年間1,400万台を超える規模の大規模な新しいセクターでの巨大な利益と機会を捉えています。

エグゼクティブサマリーと結論は、予測や技術ロードマップなどの情報グラムとグラフで新しい詳細を提示するため、限られた時間の人には十分です。はじめに、背景を説明し、基本を説明します。

第3章では、世界中の実際および将来の48V MH車とピックアップトラックに関連して、ストップスタート付きの従来のバージョンとはまったく異なる利点を明らかにします。第4章では、システムの考慮事項について説明します。第5章では、48Vマイルドハイブリッドとフルハイブリッドの両方のクライアント(負荷)を含む基本コンポーネントについて説明します。

第6章では、新しい到着、つまり48Vのマイルドハイブリッドとフルハイブリッドのスーパーキャパシタに焦点を当てています。 2019年、リーダーのGeelyはTesla Maxwellと提携して、ピークシェービング用の48Vリチウムイオンバッテリーに大型スーパーキャパシターを取り付けました。これにより、より大きな加速とより多くの負荷が同時に作動します。さらに多くの電化が可能になります。他の人は、サイクル寿命が事実上無限である、完全に忘れられたスーパーキャパシタに完全に置き換えられているバッテリーを見ています。

その間、私たちは、48V車が著しく機能する48Vフルハイブリッドに移行するために、確実に3kWh / 30kWの領域に入りつつあります。かつてクイックフィックスと見なされていたものが、従来のハイブリッドよりも長持ちするものになりつつあります。 IDTechExのレポート「 48V Mild Hybrid and 48V Full Hybrid Vehicles 2020-2030 」は、これを文脈に入れ、最新の技術ロードマップと予測を提供する点でユニークです。

IDTechExから入手できる電気自動車の研究の詳細については、www.IDTechEx.com / research / EVにアクセスするか、このトピックで他の人とつながるために、IDTechEx Eventsが主催しています:Electric Vehicles-Everything is changing、November 20-21 2019、Santa Clara 、米国 www.IDTechEx.com/EVUSA

エセックスソリューションをチェック電気自動車ハイブリッド 、及び他の帯電商用車



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!