ビジョン2030に向けて、循環型経済を前面に押し出した包装の決定を行う

2022年1月17日

Essex Furukawaのすべての部門がビジョン2030のロードマップの達成に向けて取り組んでいます。その中でも、製品のイノベーションと循環型経済の実現に向けて邁進している分野のひとつが包装です。

本プログラムの3つのコアバリューのひとつであるグリーンプロダクションが進展しつつあります。シニア戦略的調達マネージャーのグレッグ・デイビス氏とその部署は、持続可能性の実現を促進するために何をすべきかを示す3つのアプローチを採用することにしました。

「ビジョン2030の達成は、成功のための双方向の道であるという観点から見ています」とデイビス氏は述べています。「成功させるためには、我々とサプライチェーンの両方の側から、次の3つのことが起こる必要があります。私たちが起こそうとしている変化は、経済的に成り立つものなのか、環境的に持続可能なものなのか、安全で信頼できるものなのか、を問う必要があります。その3つが我々とサプライチェーンの両方の視点から実現できれば、正しい道を歩んでいることになります」

「私たちは、排出量を削減し、プラスチックの埋め立てを減らし、進化を利用してポジティブな変化を先導し、奨励することができます。それが成功の秘訣です」

デイビス氏によれば、これらの3つの側面は、特定の角度から慎重に検討されています。

経済的に成立しているかどうかは、全体的に数値化するのが最も難しいものの一つです。内部的な影響は単純で、コストを意識した包装の決定ができるかどうかです。それは、コスト削減を意味するものではなく、単純に、手に負えないほどのコスト増加をもたらすものであってはならないという判断です。お客様の視点から言えば、コスト的に参加することが可能かどうかです。つまりバリューチェーンにコストを転嫁することにならないか、あるいは検討するにはコストがかかりすぎてはいないかということであり、具体的には、過去の取り組みから発展したリールやパレットの回収プログラムなどが考えられます。

環境面での持続可能性は、3つのうち最も簡単に達成できるものであり、説明も最も簡単です。包装と生産の観点から行われている変化は、プラスチックの削減、二酸化炭素の排出量の削減、再利用の機会の増加といったポジティブな変化として評価できます。

プログラムの基盤となる最も重要なものは、おそらくセキュリティと信頼性です。失敗するような包装を作ることは、絶対にあってはなりません。破損しにくく、安全性の高い包装を使用することは、安全上の影響が他の考慮事項をはるかに上回るため、再利用できることよりも優先されます。

これら3つの要素が複合的に作用することで、ライフサイクル全体に対する理解が深まり、循環型経済の実現に向けたより良い意思決定につながります。

デイビス氏は、1990年代後半から2000年代前半にかけてのリサイクルの考え方は非常に時代遅れになっており、より包括的なプログラムが必要であると述べています。

「リサイクルは流行っていたが、欠点があった」と同氏は言います。「あまりにも多くの量が作られたために、多くの量が埋め立てられてしまったのです。全体のサイクルが改善され、バイヤーの参加がより必要になりました」

「つまり、プラスチックをただリサイクルするだけではなく、再利用したり、再利用されたプラスチックを購入したりして、新しいプラスチック製品を作らないようにする必要があったのです。それは、ただプラスチック製品を作るだけではなく、それらを再び取り入れる市場でもあります。私たちは、より環境に配慮し、費用対効果が高く、安全性の高い再利用プラスチックを見つけるために、突飛な発想は必要がないことに気づきました。循環型経済を構築することは、グリーンプロダクションに非常に良い影響を与えることができます」

ポジティブなインパクトは、その規模に関わらず、正しい方向に向かっています。特に、ビジョン2030を達成するという点においてはその通りです。

「私たちは、本当に大口のお客様のことを考えなければなりませんが、規模が小さい取引先も忘れてはいけません」とデイビス氏は説明します。「私たちは、すべての人にとって正しい決断をしなければなりません。小さな勝利であっても、積み重ねることで重要な結果につながります」

Essex Furukawaについて

Essex Furukawa Magnet Wireは、自動車、エネルギー、産業、商業・住宅分野の主要なOEM、ティアワンサプライヤー、業界最大手の多くに採用されているマグネットワイヤを提供する、世界的なリーディングカンパニーです。アトランタを拠点とする同社は、いずれもマグネットワイヤ製品の開発とカスタムソリューションのリーディングカンパニーである、Essex Magnet Wireと古河電気工業株式会社が2020年に設立したグローバルな合弁会社です。Essex Magnet Wireと古河電工の両社の強みを活かし、2世紀以上にわたる経験と知識を結集して、卓越した製造技術と優れたカスタマーサービスの提供とともに、技術革新を推し進めていきます。 essexfurukawa.com

 

 



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!