Kia Announced Plan S, Allocating $25B to EV Development

January 14, 2020

起亜自動車は本日、「プランS」の詳細を発表しました。これは、電動化とモビリティサービス、接続性と自律性を含む、将来の自動車業界でリーダー的地位を徐々に確立することを目的とした中長期戦略です。

プランS戦略は、内燃機関車に焦点を当てたビジネスシステムから、電気自動車とカスタマイズされたモビリティソリューションに焦点を当てたビジネスシステムへの起亜の先制的で進取的な「シフト」の概要を示しています。同社の継続的なブランド革新と収益性の向上は、電気自動車と自動運転車、およびモビリティサービスへの移行を目標とした2トラックのプランS戦略をサポートします。

起亜自動車の2025年の財務および投資戦略に加えて、プランSの詳細は、本日ソウルで開催された同社のCEO Investor Dayで、株主、アナリスト、および格付け機関に発表されました。

起亜自動車は2025年末までに、11台のバッテリー式電気自動車のフルラインナップを提供する予定です。これらのモデルにより、起亜自動車は世界のEV市場(中国を除く)で6.6%のシェアを獲得すると同時に、環境にやさしい車で25%のシェアを獲得することを目指しています。世界のEV市場は2026年までに力をつけると見込まれており、起亜自動車は年間50万台のEV販売と100万台の環境にやさしい自動車(中国を除く)の世界販売を目指しています。

プランSの詳細については、起亜のメディアWebサイトkianewscenter.comをご覧ください。



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

このページを共有するプラットフォームを下からクリックして下さい。このページを共有しました!