Hyundaiの自動運転車が路上を走行

2019年10月18日

Hyundaiは、Pony.aiおよびViaと共同で、公道で運用予定の共有オンデマンド自動車両サービスであるBotRideを発表しました。11月4日から、カリフォルニア州アーバインの地域コミュニティで、自動運転型のHyundai KONA Electric SUVの無料ライドシェアサービスの提供がはじまりました。

「パイロットが、大学生を含む数百人のアーバインの居住者にBotRideを紹介します。目標は、自律的なライドシェアリング環境での消費者行動を調査することです」と、Hyundai自動車のビジネス開発、戦略、技術部門の責任者であるクリストファー・チャン氏は述べています。「車両が移動し、顧客体験を最適化するエコシステムについて調査する予定です。BotRideは、Hyundaiのモビリティ技術の専門知識を積極的に構築するという継続的な取り組みのもう1つの例であり、よりユーザーフレンドリーなモビリティサービスを顧客に提供するという取り組みでもあります」

HyundaiはPony.aiと提携して自動運転システムを構築し、Viaと提携してBotRideオンデマンドライドシェアのテクノロジーとアプリケーションを開発しました。乗客は、BotRideアプリ(iOSAndroid)を使用して、スマートフォンで自律運転型のHyundai KONA Electric SUVを直接呼びます。Viaの高度なアルゴリズムにより、複数の乗客が、Pony.aiの自動運転テクノロジーが実装された同じ車両をシェアできます。このアプリは、乗車/降車できる近くの停車場を乗客に案内します。これにより、長々と迂回したり、不便な固定ルートやスケジュールを押し付けられたりすることなく、迅速かつ効率的な移動のシェアが可能になります。

HyundaiとPony.aiの統合技術により、BotRide車両は複雑な道路シナリオを安全にナビゲートできます。これらの車両には、Pony.aiの最新センサーハードウェアと独自のソフトウェアが搭載されており、周囲の車両の正確な位置を特定し、都市部の歩行者交通を処理し、周囲を正確に監視し、他の道路利用者の行動を予測し、それに応じて行動計画を正確に立てます。

自動運転機能に加えて、BotRideは完全にドライバーレスの将来に備えたユーザーエクスペリエンスの検証を行っています。

BotRideは、乗客がBotRideアプリを使用してBotRideを呼ぶ可能性の高い複数の有名な場所で稼動します。対象エリアはいくつかの住宅地、商業地、および施設です。BotRideの技術は、乗客の自動検証などの乗客とシステムの相互作用を優先しており、乗客が自動運転の未来で当たり前になると予想される技術をより良く知ることができます。

「HyundaiはBotRideを通じて、最先端の自動運転車両およびモビリティ技術を活用して、安全で便利な新しい交通手段を公共に導入します」と、Hyundai Motor Americaの高度製品戦略部門マネージャー、ダニエル・ハン氏は述べています。「BotRideの試験導入は、成長する新しいモビリティ事業の展開と最終的な商業化に至るまでの重要なステップです。BotRideを支援する技術パートナーに加えて、より広範な都市とコミュニティのエコシステムもBotRideの実現に重要な役割を果たしました。BotRideの試験導入は、都市と企業がどのように連携すれば、未来のスマートシティとスマート交通システムを真に実現できるかを示す例として役立ちます」



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!