Essex Furukawaがサステナビリティ報告書を公開し、二酸化炭素削減目標を表明

2022年8月3日

ジョージア州アトランタ – 本日、Essex Furukawa Magnet Wireは初のサステナビリティ年次報告書を公開し、「ビジョン2030」の一環として二酸化炭素削減目標を表明しました。この報告書は「ビジョン2030:持続可能な未来、私たちの原動力」に対する説明責任および進捗の報告責任を果たすために作成されました。報告書には、製造施設における廃棄物埋め立てゼロ目標、エネルギー削減目標、および再生可能エネルギー目標に対する実績と目指すべきゴールも含まれています。

ビジョン2030は、破壊的革新、グリーン生産、アジャイルデジタル化という3つのコアバリューに基づいて策定されました。これらのコアバリューは、Essex Furukawaがマグネットワイヤ業界をより良く変えるための基盤を成す要素です。

CEOのダニエル・チェによると、この報告書を公開するのは、会社が公に表明した目標に対する説明責任を果たすためでもあると言います。

「本報告書の透明性は、昨年4月に初めてビジョン2030を宣言した際に掲げたコミットメントに基づきます」とチェは言います。 「Essex Furukawaは、環境への影響を低減しながら、イノベーションと製造の効率性を高める方法を模索し続けます。ビジョン2030はその目標達成に向けた道筋を示すものです」。

全25ページの本報告書には、昨年の実績と、会社が掲げたサステナビリティへの包括的なアプローチとそれらの実績の関連が記載されています。グリーン生産との関連から、廃棄物埋め立てゼロ、エネルギー削減、再生エネルギー、二酸化炭素削減について説明しています。 また、Essex Furukawaによる破壊的革新への取り組みや、アジャイルデジタル化目標に向けたこれまでの進捗も含まれています。

Essex Furukawaのサステナビリティプロジェクトマネージャーであるオースティン・ロビンソンは、こうした定期的な報告によって、Essex Furukawaの社内・社外に対する透明性を確立できると述べています。

「持続可能な未来の構築に取り組む中、私たちは常にしっかりとデータを分析し、新たな解決策を見つけ、結果の共有という点で精神的リーダーシップを持たねばなりません」とロビンソンは言います。「この報告書に詳述しているように、当社はさまざまな分野で大きく前進しています。

結論として、私たちはこれまでの取り組みと、未来に向けて継続する今後の取り組みを誇りに思っています」。

Essex Furukawaが踏み出したこのビジョン2030の道のりは、この最初の報告書をもって終わることはありません。まだ最初のチェックポイントに到達しただけです。 昨年の調査結果を公開する中で、当社の取り組みの確認として今日の行動を考察し、ベンチーマークを行い、その後、未来につながる一連の行動を定めていきます。 ビジョン2030に従い、新たなイノベーション、さらなる開発、プロセスの改良に取り組みながら、これからの10年を進んでまいります。

 

 

会社概要 - Essex Furukawa Magnet Wire

Essex Furukawa Magnet Wireは、自動車、エネルギー、産業、商業・住宅分野の主要なOEM、ティアワンサプライヤー、業界最大手の多くに採用されているマグネットワイヤを提供する、世界的なリーディングカンパニーです。 アトランタを拠点とする同社は、いずれもマグネットワイヤ製品の開発とカスタムソリューションのリーディングカンパニーである、Essex Magnet Wireと古河電気工業株式会社が2020年に設立したグローバルな合弁会社です。 Essex Magnet Wireと古河電工の両社の強みを活かし、2世紀以上にわたる経験と知識を結集して、卓越した製造技術と優れたカスタマーサービスの提供とともに、技術革新を推し進めていきます。 essexfurukawa.com



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!