Essex Furukawaがオンラインマグネットワイヤ計算機をリリースしました

2020年11月19日

Essex Furukawaは、エンジニアやデザイナーのためのオンラインリソースを作成しました。このリソースでは、裸線、シングルビルド、多層構造に関して、目的の用途に利用可能な最適な構造オプションを決定するために、データを一箇所に配置しています。

Essex Furukawa Magnet Wire計算機こちらで見つけることができ、裸線の直径、サーキュラーミルでの面積、20℃でのオーム/1000フィートなどの情報をすべてのユーザーに提供します。また、フィート/ポンドやシングルビルド、多層構造のフィルム情報の増加も含まれています。

簡単に言えば、サイズ、フィルムの構造、その他の材料特性を1つの場所で見つけることができ、最も賢明な意思決定プロセスが可能になります。

「私たちは、お客様が当社の製品をより簡単に利用できるようにする方法を探していました」とEssex Furukawaの主席エンジニアであるスティーブン・ミラー氏は語っています。「このリソースを作成することで、設計者やエンジニアは担当者に電話したり、手作業で調べたりすることなく、より優れたサービスを提供できると信じています。」

「これは車輪の再発明というほどではありませんが、組織として求められていたニーズを解決するのに役立つ、素晴らしいエンジニアリングリソースです」

Essex Furukawa Magnet Wire計算機では、現在、丸形銅製AWGサイズのみを使用した最初の試みを行っています。将来の変更計画には、世界中のお客様にサービスを提供するためのメートル法サイズ、およびアルミニウム製品ライン情報に加えて、正方形と長方形の形状が含まれます。

「これは生きて呼吸しているツールであり、私たちがイノベーションを続ける中で進化し続けるものです」とミラー氏は述べています。「MagforceX® Innovation Centerで急速な発展を遂げたため、印刷製品を改訂して再現することは現実的ではありません。このオンラインツールは完璧なソリューションでした」

Essex Furukawa Magnet Wire計算機を使用する。



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!