ダイムラー、ポートランド工場が電気トラックの生産に移行

2019年7月23日

Daimler Trucks North Americaは、ポートランド工場を2021年までに電動フレイトライナートラックに変更する予定です。


同社は当初、ノースカロライナ州の工場で製品を製造することを示していましたが、最近その姿勢を変え、太平洋岸北西部がブランドにとってより良い場所であることを示しました。


ダイムラートラックの最高経営責任者であるロジャーニールセンは、ロングビーチでの業界イベントで発表を行い、2020年に米国でテスト走行として50台のバッテリー駆動の電気トラックを稼働させると付け加えました。


「排出量のない輸送への道は、電気自動車で推進されます。未来は電気だと思います」と彼は言いました。


ニールセンは、ノースカロライナ州からオレゴン州への計画の変更は、大気質基準の向上によりゼロエミッションの商用車の需要が増加しているカリフォルニア市場に近いことが主な原因であることも示しました。


2018年、ダイムラーは250マイルの範囲と90分の80%充電速度で電動トラックを発表しました。


同社はまた、ポートランド工場にはバッテリー貯蔵施設と、電動トラックを現在のフリートにどのように統合できるかについて顧客を教育するのに役立つ販売および教育プログラムも含めると付け加えた。



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!