Essex Furukawa、ダニエル・チェ氏を新CEOに選任

2022年3月1日

ジョージア州アトランタ — Essex Furukawa Magnet Wire LLCは、2022年3月1日付で、ダニエル・チェがEssex Furukawa Magnet WireのCEOに就任したことを発表しました。さらに、チェ氏は親会社であるSuperior Essex Inc.およびその子会社のCEOに就任する予定です。

Essex Furukawaは、持続可能な未来を担う態勢を整えており、今年もお客様と双方の利益となるような力強い1年になることを期待しています。Essex Furukawaは、自動車の電動化に伴う成長を目指しており、ケーブルおよびワイヤー製造業界でのチェ氏の経験は、バリューチェーンのすべてのメンバーの新たな成長につながります。この先、Essex Furukawaには大きなチャンスがあります。チェ氏がチームを率い、Essex Furukawaとお客様の継続的な成功に貢献することを期待しています。

チェ氏は、当社で数十年の経験を持ち、戦略開発、業務、販売において実績を上げています。在職期間中に、彼がEssex Furukawaを未来に導くことを期待しています。以前チェ氏は、1999年からSuperior Essex Inc.の親会社であるLS Cable and Systemに在籍していました。最近では、LS Cable and Systemの北米・南米地域担当社長を務めたほか、MV and LV Power Cable SystemsのLS Cable and System USAの社長も務めました。2008年から2014年にはCyprus Investments社長、2015年にはPMO欧州・中国担当SVPを務めるなど、その在任期間を通じてSuperior Essexと深い関わりを持っていました。彼はソウル大学校で材料科学工学の博士号を取得し、ヘルシンキビジネススクールでMBAを取得しています。チェ氏はアトランタを拠点とし、ジョージア州韓国商工会議所の会長も務めています。

この経営陣の交代は、ブライアン・キムがEssex Furukawa Magnet WireとSuperior Essex Inc.とその子会社のCEOを辞任したことによるものです。キム氏は、7年近くSuperior Essexと、最近ではEssex Furukawaのチームを率いていました。同氏の実績には、コアバリューと企業文化の確立による事業のサイロ化の打破、生産能力の増強、MagForceX®イノベーションセンターの立ち上げによるイノベーションと研究開発の優先順位付け、Essex Furukawa Magnet Wire合弁事業の戦略的な立ち上げ、そして最近ではEssex Furukawa Vision 2030による持続可能な未来性への事業コミットメントが含まれています。

我々は、キムの当社への多大な貢献に感謝するとともに、Essex Furukawaを次の10年に導くチェを歓迎します。

Essex Furukawaについて

Essex Furukawa Magnet Wireは、自動車、エネルギー、産業、商業・住宅分野の主要なOEM、ティアワンサプライヤー、業界最大手の多くに採用されているマグネットワイヤを提供する、世界的なリーディングカンパニーです。アトランタを拠点とする同社は、いずれもマグネットワイヤ製品の開発とカスタムソリューションのリーディングカンパニーである、Essex Magnet Wireと古河電気工業株式会社が2020年に設立したグローバルな合弁会社です。Essex Magnet Wireと古河電工の両社の強みを活かし、2世紀以上にわたる経験と知識を結集して、卓越した製造技術と優れたカスタマーサービスの提供とともに、技術革新を推し進めていきます。 essexfurukawa.com



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

Click the platform below that you would like to share this on. Thanks for sharing!